PET-CT検査の翌日、
結果を聞きに再度病院へ
行ってきました。

 

検査の結果は、
やはり腫瘍だろうと思われるものが
はっきり写っているとのこと。

 

約5年以上前に手術をしたときは
右の卵巣被膜が破綻し
中身がダグラス窩の辺りまで
こぼれていました。

それが
今になって再発という形で
表れているのではないか
という結論に至りました。

 

はい!
手術決定です!
心づもりはしていたのですが…

 

5年以上前は
まだ子どもたちは生まれていなかった。

今は母親である私。

やっぱり
そのときに比べると
子育てがきちんとできるのだろうかと
手術に対して積極的な気持ちを
持てませんでした。

 

PET-CT検査結果と手術といろいろな気持ち Naturam 緩和ケア がん治療・療養生活

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰り道は
夫といろいろな話をしました。
とても大切な、私のパートナー。

 

感じたことは、
大切な誰かが傍にいてくれるだけでも
それが緩和ケアになるということ。

傍にいて、話す言葉に耳を傾けてくれる。
「私のことを大切に思ってくれている」
という安心感。

私のすべてを肯定してくれる眼差し。


改めて

夫のやさしさに感謝しました。

 

 

自宅に戻ったら、
フランキンセンスの香りで
深呼吸。

 

大丈夫。

 
なぜか今回のことを考えると、

そーんな心配いらないよー!
全然大丈夫だから!

というスッキリした気持ちが
何度も、なんども降りてきます。

 

 

数日後には
入院先の病院に行かなくては。
さ~いろいろ準備しなくちゃだわ!