なぜフランキンセンスに
私たちの健康を
底上げする力があるのか、

研究の積み重ねが
昨今私たちの理解への扉を
開いてくれました。

 

 

Phytotherapy Research
(フィトセラピー・リサーチ)
によって公表された研究では、
たとえば
マウスがボスウェリア・セラータ
(=フランキンセンス)を
1-10
㎎経口摂取したとき、
彼らの免疫機能の複数の項目が
下記を含め
刺激されることが発見されました。

・遅延型過敏性反応
(早くて24時間、遅くて48時間)
IgG (免疫グロブリンG
IgM (免疫グロブリンM)
・サイトカイン
(インターフェロン・ガンマ、
インターロイキン4、腫瘍壊死因子α)
T細胞の相互作用
(すなわちCD4/CD8
通常エイズ患者では低い)

 

レイマン氏によれば、
フランキンセンスの成分は
他に類を見ないほど
身体の抵抗する力を助けるとのことです。


これを成し遂げる2つの基本的な理由は、
リンパ球を増殖させること
(白血球すなわち体の主要な防衛チーム)


炎症を寄せつけないこと
(間違いなく大部分の慢性疾患に対する
主要な危険因子)

です。

 

 フランキンセンスには健康を底上げする力がある Naturam 緩和ケア アロマテラピー

 

 

 

 

 

 

 

 


今日、
あなたの健康のサポートに
フランキンセンスを取りいれてください。

このエッセンシャルオイルは
呼吸の悩みに対して
簡単にディフューザ―で使うことができたり、
トリートメントで使うことができます。

 


出典
http://draxe.com/frankincense-oil-cancer/

 

ジョシュ・アックス博士の話を
翻訳しました。

世界で一番わかりやすい
フランキンセンスの話。

長くなりますので4回に分けて
お伝えしました。
これまでの3回はこちらです。

 

 

日本では医薬品に類されていない
フランキンセンスですが
海外では実に興味深い使われ方で
生活に
取り入れられています。

 

フランキンセンスは
すべての人に希望をもたらしてくれる
素晴らしいエッセンシャルオイル
です。

あなたの人生にも
ぜひ活用してください。

 

翻訳した文章について

医薬品医療機器等法に従った表現になるよう
意訳しています。