病気になってから、
私はアメリカのサプリメントを
選ぶようになりました。

 

理由は、品質です。

 

”GMP”という言葉があります。
高品質な医薬品などを製造するための
管理や過程などを定めた
適正製造規範
のことです。

GMPは国によって違い、
それがサプリメントの質に
大きく反映されます

 

日本とアメリカでは
どのような違いがあるのでしょうか。

  • 製造工程ガイドラインのページ数
    日本→5ページ
    アメリカ→815ページ

  • 表示成分の検査
    日本→検査しなくてもOK
    アメリカ→検査は義務
    原材料時点と加工後の計2回

  • 成分の体内溶解検査
    日本→検査しなくてもOK
    アメリカ→検査は義務

  • 異物混入検査
    日本→検査しなくてもOK
    アメリカ→検査は義務
    金属探知機で検査を行う

  • 認定機関による立ち入り検査
    日本→なし
    アメリカ
    →政府機関FDAによる抜き打ち検査
    結果は一般公開されることも

<キニナルより引用>

 

私はがんになってから
いろいろな健康情報を集め、
調べるようになりました。

日本の基準は本当に甘いです。
医療においてもそうですが、
今回取りあげたサプリメントにおいても
遅れをとっていると言わざるをえません。

 

サプリメントを選ぶ前に知っていただきたいこと Naturam 緩和ケア 情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカの場合
サプリメントを販売するときには

自社基準だけでなく国際基準を
設けることになっています。

それらの厳しい基準をクリアしていないと
サプリメントを販売することはできません。
逆に言うと、それだけ安心、安全なのです。

現実として、
アメリカでサプリメントは
医薬品と同等の価値で扱われています。

 

サプリメントは安ければ
それに見合った質のものになっています。

しかし、たとえ高くても
安心、安全というわけではなく
会社そのものの性格から
よく吟味する必要があります。

 

大切な身体のためにも
妥協せず、しっかりした目で
良いサプリメントを選んでください。