アメリカは
サプリメント先進国で有名です。
その種類はどれくらいか
見当もつかないほど。

 

なぜサプリメントに
人々は強い関心があるのでしょうか?

それは医療環境にあります。

 

日本は公的な保険制度がありますが、
アメリカにはそのような制度はありません。

各自で医療保険や生命保険に
加入はしていますが、
医療費の自己負担は10割。

たとえば
盲腸の手術入院1日で医療費550万円、
保険を利用しても
自己負担は110万円になるそうです。

アメリカでは自己破産理由の6割が医療費。
入院して家一件失うというのは本当の話です。

 

日本とアメリカの医療を
比較してみましょう。

  • 医療費自己負担
    日本→1~3割
    アメリカ→10割
  • 病気に対しての意識
    日本→”病気になってから
    治療が中心
    アメリカ→”病気にならないように
    予防が中心
  • 医療に対しての意識
    日本→病院、医者に頼る医療
    アメリカ
    →自己責任=自分で考える医療

医療費の自己負担率はもちろん、
病気や医療に対する意識が大きく違います。

 

このような医療環境にあるアメリカの人々は
予防医学、栄養学に対する意識が高く
「自分の健康は自分で守る」
という強い思いがあります

小さな頃から家庭でのケアが
当たり前になっているので、
病気に対する知識や応急処置の仕方など
かなりの知識を持つ人もいるほどです。

 

サプリメント先進国のアメリカと日本の違いは何? Naturam 緩和ケア 情報

 

 

 

 

 

 

 

1994年
アメリカ政府は予防医学発展のために
サプリメントの摂取を
推進するようになりました。

そして実に多くのサプリメントが
製造、販売されるようになりました。

これに伴い
自分たちの健康と家計を守る予防として
品質に間違いがないか、本当に効果があるか
人々は厳しい目で選ぶようになりました。

”サプリメント先進国アメリカ”は
このようにますます発展していったのです。

 

品質に妥協しないアメリカの人々の姿勢が
安心、安全なサプリメントを手にとれる
現在の背景につながっています。

 

私も”自分で考える”ことを
妥協しないよう心掛けていきたいです。