5年前から
ずっと大切にしてきた

友人小川りよさんからの
メッセージ。

 

慶応大学病院で
卵巣腫瘍の切除手術を受けたのが
2011年7月。

同系列の病院で
抗がん剤治療を受けたのが
2011年10月でした。

 

抗がん剤治療の副作用に備え、
エッセンシャルオイルを
友人の小川りよさんにお願いした私。

エッセンシャルオイルが
届いたときは、
「よし、これで準備は整った!」
と気合いが入ったものでした。


メディカルアロマテラピーに

本格的に取り組むようになったのは
このときから。

エッセンシャルオイルは
私の心身を癒し、
自然治癒力を高めてくれました。
今でも、心強い存在です。

 

小川りよさんのメッセージとドテラでアロマテラピー Naturam 緩和ケア アロマテラピー

 

 

 

 

 

 

 

 

メッセージの紙、
エッセンシャルオイルが
少し移っています。

病室で使っていた頃が
本当に懐かしい。

 

「大丈夫だよ!
未来のあなたは
女の子と男の子の母親になって、
毎日笑顔で過ごしてるよ!!」

この言葉を、
昔の自分に届けたいです。

 

この5年で、
私の人生は
目まぐるしく変わりました。

命があることに感謝。
愛する家族がいることに、
一緒に過ごせる時間に
感謝しています。

 

11月には、
緩和ケアアロマテラピーの
知識と技術を深めるために
大阪へ行く予定です。

これからも、
人生を楽しんでいきます!