緩和ケアのアロマテラピーは、
トリートメントによる
皮膚へのソフトなタッチがとても大切です。

 

アロマテラピーの話は別にブログに載せることにして
ここではトリートメントによって
痛みが緩和される仕組みについてお話します。

 

痛みは末梢神経から脊髄に入り
脳へ届くようになっています。

脊髄には脳へと続くゲート(=門)があり、
この開閉により
痛み(=痛覚)はコントロールされています。

門が閉じていれば痛みは伝わりませんし、
大きく開いていればどんどん伝わるということです。

触れられているという刺激(=触覚)の神経は、
痛覚の神経より太く、脳へ早く届き、
痛みの刺激が通らないよう
ゲートを閉めることができます。

皮膚をやさしく触れられると
触覚が痛覚より優位になり、
痛みが緩和されるようになっているのです。

これをゲートコントロール説といいます。

 

緩和ケアアロマテラピー痛みの緩和 Naturam 緩和ケア アロマテラピー

 

 

 

 

 

 

緩和ケアアロマのトリートメントは、
触れることによってオキシトシンの分泌を促し、
不安や緊張の緩和や、痛みの抑制などを
期待することができます。

オキシトシンの働きを活発にするためには、
受ける人が心を許せる、安らげる相手から
行ってもらうことが大切です。
 

 

普通のアロマテラピーのトリートメントとの違いは、
優しい、ソフトなトリートメントであることです。
グイグイ押したり、揉んだりすることはNGです。

 

私の娘は、足などをぶつけて
涙目で「お母さーん!」とやってきても、
私が「痛いの、痛いの、飛んでけー!」と
触れながら声をかけると、
「飛んでっちゃった!!」と笑顔になります。
あなたにも同じような経験がありませんか?
まさにオキシトシンの働きですね。

 

このように、
皮膚にやさしく触れる
ソフトなタッチのトリートメントは、
痛みの緩和をもたらします。