単細胞生物のミドリムシには
脳も神経もありません。

 
しかし、
エサとなる食べ物には近寄っていきますし、
自分にとって毒とわかると逃げていきます。

 

アメリカの細胞生物学者である
ブルース・リプトン博士は
「細胞一個一個に、感性がある」
と話しています。

 

ある75歳の女性は腹部にがんが広がり、
もって1年という診断でした。
しかし、
実は3年半以上生きることができたそうです。

どうして
そんなに長く生きることができたのでしょうか。

彼女は、
いつも細胞に語りかけていたそうです。

『もう少しおとなしくしていてくださいね。
私はもう少しあなた(がん)と
頑張って生きていきますから、
大きくならないでくださいね』
といつも細胞に思いを伝えていたそうです。

 

細胞一個一個に、感性がある Naturam 緩和ケア 言葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「細胞一個一個に、感性がある」

まさに75歳の女性の思いは
細胞の一個一個に
届いていたに違いありません。

 

リプトン博士は
「信念は細胞を変え、人生を変える」
と言っています。

 

私も自分の身体をつくっている細胞一個一個に
「ありがとう。いつも、ありがとうね」
と伝えています。

 

信念や思考、つまり私たちの祈りや思いは
どんな薬よりも、食べ物よりも、
私たちの身体に力を与えるものだと
感じています。