「私って治らないんでしょうか」
とたずねてくるがん患者さんは、
弱音を聞いてほしいことが
ほとんどです。

 

そのように話しかけられるということは、
あなたを信頼しているということです。

 

そのような方が
聞きたくないと思っている言葉を
もしあなたが言ってしまうとしたら…
ぜったい避けたいですね。

 

がん患者さんが聞きたくない言葉。
次の会話に答えがあります。

「私って治らないんでしょうか」
「そんな弱音をはいたらだめですよ!
頑張っていきましょう!!」

 

良かれと思い、言ってしまう励まし。
実はこの「頑張りましょう!」が
聞きたくない言葉です。

言葉がん患者さんが聞きたくない言葉 Naturam 緩和ケア 傾聴

 

 

 

 

 

 

私もそうでした。

がん患者さんは、みんな頑張っています。
平静を装っているように見える方でも、
普段気丈な方でも、
一所懸命頑張ってるんです。

 

もし「頑張りましょう!」と言われたら、
がん患者さんは
それ以上会話を続けたくなくなります。

「この人は全然わかっていない」
「この人には何も言わないようにしよう」
と思うようになります。

 

もしかしたら、
「わかりました」と言うかもしれません。
でも、
心の中は悲しみでいっぱいになっています。

 

頑張ってるけど、どうなるかわからない。
そんな不安、弱音を
聞いてほしいだけなんです。

 

弱音を吐ききることができるまで、
その方の言葉についていく気持ちで
会話をつなげていってみてください。