前回、傾聴で大切なことは
“相手の話を
そのまま受けとめながら熱心に聴くこと”
とお伝えしました。

 

受容的、共感的な態度で、
真摯に耳を傾けること。

ただし、
“そのまま受けとめながら”とは言え、
ずっと黙って聴くわけではありません。

 

静かな場所で
話し手の表情、視線、姿勢、声のトーン、
言葉の内容、呼吸に意識を集中する。

話し手が安心して話せるよう笑顔で、
「はい」「うん」「えぇ」「そうなんだ」
と相槌をうったり、頷きながら、
相手が言った言葉を繰り返し、
気持ちを汲み取る言葉を伝えることが
とても大切です。

 

これが、傾聴の方法です。

 

傾聴の方法ともたらされるメリット Naturam 緩和ケア 傾聴

 

 

 

 

 

 

話し手にとって、
自分の言葉だけでなく
どう表現したらいいかわからない心のサインを
言語化して繰り返してもらうことが
大きな助けになります。

「自分自身に対する理解を深めること」
につながるのです。

 

このスキルを「反復」と言います。

 

次回は、
この反復を含めた傾聴のスキルについて
いくつか説明したいと思います。