ある女性の話です。
彼女は末期の子宮がんでした。
医者が診たときにはすでに手遅れで、
余命1ヵ月と宣告されます。

 

そして
亡くなる前の身支度をしていたある日、
1冊の本に出会います。

 

そこに書かれていた言葉を知ってから、
女性は
細胞1個1個にお礼を言いはじめました。

まず病んでいない目、鼻、耳、
その他の臓器の細胞に。
「これまで私を支えてくれてありがとう」と。

次に、がん細胞にも。
「あなただって
これまで支えてくれたのだから」と、
「ありがとう」と伝えます。

 

女性は「ありがとう」と10万回唱えました。

そして、
11か月でがんは完全に消えました。

 

彼女は「がんを治してください」とは
言いませんでした。

がんも自分の身体の細胞の一部。
今までよく頑張ってくれたねと感謝しました。

10万回の「ありがとう」で消えたがん Naturam 緩和ケア 言葉

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちの身体はそんなに大きくありません。
でも、実は約60兆個もの細胞でできています。

細胞1個1個に感謝し、
どんな状態の自分の身体も受け入れること。

 

なんの病気もない人はこの世にいないと
思います。

この女性のように、
感謝しながら生きていくことは
とても大切だと改めて感じました。

こちらがその本です、おすすめです☆