芸術療法(アートセラピー)とは、
心理療法のひとつです。

 

絵画や造形活動を通じて
心身のバランスを保つことにつながる
セラピーです。

アートセラピーは、
芸術活動の過程そのものに
癒しや自己回復の効果があると考えられます。

 

アートセラピーを知っていますか? Naturam 緩和ケア 情報

 

 

 

 

 

 

 
アートセラピーで期待できることとして、
以下のことが挙げられます。

・アート自体がリラックス効果や
癒やしの働きを内在している

・粘土や絵の具などの材料を用いることで
感覚刺激が与えられる

・作品には言葉を介さない内的世界が
投影される

・自己表現の媒体であることによって、
怒りや攻撃性が分散・昇華されやすい

・アートは一人ひとりがもつ創造性を
刺激する

・アート制作を行う過程で、材料や色を
選んだりテーマを決めたりすることで、
自発的な参加、能動的な行動を促す

・作品が残るため、
自分の作品やセラピーのプロセスを
振り返ることができる

出典 http://www.rakuwa.or.jp/

 

私は福祉施設で事務として働いていますが、
ある男性のご入居者の方が
マンダラの塗り絵を何枚も
事務室に持参されてきたことがありました。

色鮮やかで、とても素敵ですね!
と話していると、
満面の笑みを浮かべながら何度も頷かれ、
こちらも嬉しくなったことを覚えています。

 

心身のバランス、
あなたはどのように保っていますか?

私たちは、日々の生活の中で
知らずしらず自分に必要なセラピーを
無意識に選んでいるかもしれません。

 

自分の好きなこと、
笑顔になれることがある人は、
それだけでもとても幸せだと感じます。

分かち合うことで
その幸せを周りの方と共有できたら
もっと素敵ですね^ ^