準備は最小限にしておく

 

私の場合、 手術のために入院し、
がんと診断を受けたのが2011年7月。
抗がん剤治療のために入院したのは、
その3か月後の10月でした。
一般的に、
がんと診断されてから治療がはじまるまで
期間が空くことが多いようです。

 

準備することはいろいろありますが、
患者さん本人が気にすることは
「入院中、少しでも快適に過ごしたい」
だと思います。

 

ほとんどの病院では
入院前の説明で
「入院のしおり」を準備しています。

Naturam入院時の持ち物リスト

 

 

 

 

 

 

 

 

「入院の準備をする」(PDF)ganjoho.jpより

 

それらも参考になりますが、
私は同じ病気で入院された方の情報を
事前にインターネットで探しました。

実際、準備にとても役立ちましたし、
入院&手術までの心の準備にもなりました。

 

Naturam緩和ケア 病室

 

 

 

 

 

 

 

あれもこれもと揃えても、
自分の持ち物を置けるスペースは
限られています。

入院中に必要なものは
病院の売店で購入できることもあります。

がん治療経験者の方のサイトや
入院先の医療関係者の方から情報を得、
準備は最小限にしておきましょう。

 

ここで、
入院で準備しておいて良かったと
改めて思う物があります。
とってもシンプルな物ですが。。

この記事でお伝えしたいと思います。