「緩和ケアは終末期になって
 行うものですよね?」

 

緩和ケア
=ターミナルケア(終末期医療)
ではありません。

 

インターネットで「緩和ケア」と
検索すると、
「ホスピス」「ターミナルケア」など
死の直前に行うものと
勘違いしてしまいそうな情報が多く、
混乱を招きそうになります。

これは
緩和ケアが
終末期に限った診療とされてきたという
印象が根強いためと考えられます。

 

緩和ケアについて誤解していませんか? Naturam緩和ケア記事

 

 

 

 

 

 

出典:緩和ケア.net

 

今日、緩和ケアは治療の初期から
積極的に取り入れるものとなっています。

 

「日本人の多くは、
緩和ケアとホスピスを
同じものとして考えています。
しかしホスピスが、
苦しまずに死を迎えるという
“哲学”なのに対して、
緩和ケアは
尊厳をもって
生きるための“医療”であり、
この二つは
イコールではないんです」

 

吉澤明孝医師の言葉です。

緩和ケアは、
患者さんやご家族に
前向きな生活、笑顔をもたらすケアです。